カードローンの審査でおさえておきたいポイントとは?

カードローンには当然審査があります。すべての人が審査に通るわけではありません。審査は融資したお金をきちんと返済してくれるかどうかを調べるものです。

 

ではカードローンの審査はどんなことを調べるのでしょうか?

 

基本的には申込書に記入したことすべてと言っていいでしょう。勤務先、年収、勤続年数や居住年収などを調べます。さらには、氏名・生年月日・住所・電話番号などからも現在の借り入れ状況を調べることになります。

 

カードローンは銀行系消費者金融系などさまざまな種類があります。銀行系のカードローンは年収を重視する傾向があり返済比率等を重視しています。一方で消費者金融系のカードローンは安定性を重視する傾向にあり勤続年数などを重視するようです。居住年数も審査の対象になっていますが、頻繁に引越しする人は不利になることがあるようです。
カードローンの審査

 

いずれにせよ、カードローンを作るにはやはり働いていて収入があることが重要となります。審査の中でそれを証明するために在籍確認と呼ばれるものがあります。申込書に記入した勤務先に実際勤務しているかを調べることです。在籍確認は通常は電話で行います。電話ではあくまでも担当者の個人名で電話がかかってきて金融機関名を名乗ることはありません。したがってカードローンを作ることを会社の人に知られることはありません。

 

そして気になる審査時間ですが、限度額にもよりますが、少額のカードローンであれば1時間以内で決済が来るところもあります。銀行系よりも消費者金融系のカードローンのほうが決済が早い場合が多いです。ただし消費者金融系を利用すると車のローンや住宅ローンを銀行で利用するときに印象が悪くなるのでご注意を。

 

一方で銀行系のカードローンは時間がかかる場合が多いです。それは銀行が直接審査するのではなく、保証会社(信販会社)が審査をするためです。しかしスピーディーに決済が出るカードローンもありますので、最寄りの金融機関に相談してみてはいかがでしょうか。

ココが知りたい、カードローン! 「審査申込は避けて通れない!?

申込みを行った人の信用度チェックは、自己申請した情報に基づいて必ず行われます。これはその人の諸事情を踏まえ、月々の返済が滞りなく行われるか否かを確認するためです。ある程度の返済能力がないと見做されれば、最悪の場合には借りられないという結果もあり得るのです。

 

でも、「カードローンは審査が比較的易しくて、誰でも借りられるのでは?」と思うかもしれませんね。ただし、これは高金利を上乗せして払うことが前提なので、それを失念していると後が大変。それでも、「困った時にお金が借りられる」という存在は有難いもの。カードローンやキャッシングは上手く付き合えば、本当に頼りになるのです。

 

しかしながら、誰にでも容易に貸してくれるわけではありません。手順として、「借りたい」人が手続きを行う過程で審査が行われ、この時点で「貸す、貸さない」「いくら貸すか」といった判断が下されます。これがいわゆる金融機関が行うカードローンやキャッシングの審査です。

 

カードローンの審査は必要不可欠!?

さて、審査をされる、そして結果を待つ際の気分は決していいものではありません。貸してもらえるのか、それともダメなのか。思わず緊張してしまい、結果が出るまでは落ち着かない気分に陥ります。でも、一方の貸す側の立場で考えてみれば、貸したら返す当てのある人なのかどうかを調べたくなる気持ちも解ります。何故かといえば、返してもらえないと困るからです。

 

これは例え友人との間でも同じことが言えるのではないでしょうか。知った間柄とはいえ、明らかに返せないと解っている相手にお金を貸すのは誰もが躊躇してしまうはず。これが利益を生む必要性のある企業であるならば、尚のこと。必ず返せると信用できた人でなければ、貸せないという言い分にも納得です。

 

どのような会社で働き、どの程度の返済能力を持っているのかを推し量り、貸すか否かを決めていきます。このような一連の流れが審査として必ず行われます。また、審査を行う際には自己申告した個人データを基に行います。面倒ではありますが、審査する側にとってどれも重要な方法です。

 

もしかすると「借りられるか不安」に思っている人は、少しでも信用してもらえるようにウソの申告をしたほうが良いのではないかと考える人もいるかもしれませんね。でも、嘘の情報は往々にして嘘と解ってしまうのです。更に、嘘を吐いたことが明らかになってしまうと信用を著しく失ってしまいます。信用されようとして、結果的に信用は地の底まで落ちてしまうなんて愚の骨頂としか言いようがありません。

 

ありのままのデータを申告し、適正な金額を借りれば、返す際にも大きな苦労が生じないという利点もあります。偽りのない申告で審査を終え、健全な返済を行うのが一番です。

 

もし審査が不安でしょうがないのであれば簡易審査を試してみるのをおすすめします。簡易審査は各カードローン会社の公式サイトにありますので必要な情報を入力して借りれるか借りれないかを数分程度で判断をしてくれるの利用する価値があります。特にアイフルなら1秒診断のサービスがあるのでおすすめです。

 

アイフルの詳細についてはコチラ

カードローンを申込む時に記入する必須項目について

カードローンを申込む際に必要な情報があります、その申込みフォームに記入する内容についてご案内します。

 

個人情報

 

必須項目

  • お名前
  • 性別
  • 世年月日
  • 住所
  • 電話番号(※)
  • メールアドレス
  • 賃貸か持ち家か入居年数
  • 住宅ローンの有無
  • 職種
  • 業種
  • 勤務先名
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 入社年月
  • 勤続年数
  • 給料日

※電話番号は、自宅か携帯のどちらかの入力で申し込むことが出来ます。

 

職種は、会社員や公務員の方が給与が安定していると見られます。しかし、アルバイトや派遣だと、不安定なので限度額が低くなります。カードローン会社だと、総量規制の対象となっていますが、銀行のカードローンだと、総量規制の対象外となり、審査が厳しいという面があります。最近では、配偶者の同意が無くても借入が出来る銀行のカードローンも増えています。もしアルバイトやパートの方で銀行カードローンに申込たいと思ったな審査が比較的、早めなオリックス銀行カードローンがおすすめできます。

 

オリックス銀行カードローンの詳細はコチラ

 

ただ何にしても、学生や主婦、アルバイトだと借入額は低くなりますのでそれだけは覚えておきましょう。また、勤続年数が短かいと、仕事をすぐに辞めると判断されてしまうので、最低でも勤続年数は1年くらいあった方が借りやすいです。一番信用度が高いのは、公務員で妻帯者で、戸建に住んでいて、住宅ローンを組んでいる人です。住宅ローンを組めるということは、高額なローンを組めるということになり、社会的な信用を得ていることの証でもあるのです。

 

それに、妻帯者だと社会的な影響を考えて、滞納や借金の踏み倒しといったことを起こさないと見られやすい傾向が強いです。また、戸建でなくても入居年数が長いと、生活が安定していることと、それだけ問題を起こさず住むことが出来ているとみなされます。最近は、固定電話を引かない世帯が増えてきているので、固定電話の有無はあまり審査にはひびかないと言われています。

 

独身の方が、自由になるお金が多いですが、社会的信用度になると、既婚者の方が高くなります。独身で公務員が最も借りやすいと言われています。勤務先へは基本的に電話をかけて、在籍状況を確認します。

 

電話による在籍確認は無理という場合は、源泉徴収票や給与明細の提出で、在籍確認を認証してもらうことが出来る場合があります。他にも大手消費者金融として名高いモビットでしたら在籍確認を電話ではなくウェブ上で済ませられるのでこちらもオススメできます。

 

モビットの詳細についてはコチラ

 

借入状況

 

借入件数、借入残高、毎月の返済額、借りれの有無、住宅ローンの借り入れ状況を申告します。嘘を書いても、信用情報機関で簡単に調べが付いてしまいます。住宅ローンを組んでいると、社会的信用が高いとみられるとは言っても、住宅ローンの返済が滞っているようだと、信用が低くなります。また、他社借り入れ件数が多過ぎると、印象が悪くなってしまいます。

 

借入状況の他に、クレジットカードの返済状況なども、信用情報機関で調べられてしまいます。過去に滞納や返済遅延を繰り返していた経歴が、消えていなければ、審査に時間がかかったり、審査落ちとなってしまいます。また、他社借入件数が5件以上あると、審査に通りにくいと言われています。借入を申し込む前に、最低でも3件にまで減らして心証を良くする努力をしましょう。

 

本来、借入とは利益を出すことが前提の行為です。例えば30歳のサラリーマンが3,000万円の家を現金で購入しようとすると、毎年100万円づつの貯蓄で、60歳で3,000万円溜まります。しかし、30歳で3,000万円のローンを組めば、60歳にならないと手に入らない現金が手に入ります。もちろん、借入金の元金と利息を返済していかなければなりません。

 

返済するに当たっては、自らが稼ぎ出す給与と賞与をどれだけもらっているかが重要になってなってきます。そのため、借入を申し込む際に、職種や勤続年数などを申告する必要があるのです。借入するということは、利益を前借りするということです。通常、借入には返済期間というものがあります。この返済期間が、前借り分の利益を計上して行く期間となります。

 

そのため、いくら年収を稼いでいても、固定給ではなく歩合制やフリーランスで働いている個人事業主だと、審査に通りにくいといったケースも見られます。また、住宅ローンを組んでいて、社会的信用度が高いといっても、返済状況がよくなかったり、住宅ローンを組んだばかりだと信用度が高いとは言えなくなります。

 

健康保険証には、大きく分けて、社会保険と国民健康保険の2種類があります。加入しているのが組合や共済の場合は、組合員証や共済保険加入社証となります。

 

保険番号の左から二けたの数字によって、自分の勤め先のランクを調べることも出来ます。

 

  • 中小企業 01
  • 船乗り 02
  • 日雇い特例一般 03
  • 日雇い特例特別 04
  • 大企業 06
  • 自衛隊 07
  • 国家公務員 31
  • 地方公務員 32
  • 警察 33
  • 学校 44

 

保険証を人に見せることはありませんが、一つの目安として自分の社会的評価を保険証から認識することが出来ます。

 

信用情報機関

 

借入をする際には、必ず信用情報機関で過去に返済事故を起こしていないか調べられています。

 

  • 滞納や債務整理などの事故情報
  • クレジットカードやカードローンの申し込み状況
  • 他社の借入状況
  • クレジットカードや住宅ローンなどの契約の有無

 

信用情報機関は、お金を借りた人がきちんと、借金を返せるかどうかの判断基準にするためのデータベースとなっています。

 

  • 契約内容に関する情報→完済日から5年念を超えない期間
  • 返済に関する情報→5年を超えない期間
  • 債務整理、破産申立、強制解約など→発生日から5年を超えない期間
  • 申し込み状況→申し込み日から半年

 

このように、事故情報を起こしていなくても、長期間に渡る借入・返済情報を瞬時に調べられてしまいます。例えば、3か月くらい延滞しているという場合には、信用情報に延滞していることが載ります。

 

信用情報は、通常消費者金融であれば、消費者金融の信用情報を扱っている機関があります。信販会社などのカード関係を扱っている信用情報機関があります。他にも、銀行系の信用情報機関もあります。それぞれ、異なる情報を持っていますが、お互いに情報を共有しあっているので、カードローンの利用が初めてであっても、クレジットカードの利用履歴に事故情報があれば、審査に落ちてしまいます。

 

但し、借金を全て返済し解約をしたことが、信用情報に反映されていて、一定の掲載期間が過ぎていれば、事故情報は消えますので、問題なく借入が出来ます。全て返済しても、契約が残っていると事故情報も残っている可能性がありますので、解約手続きは忘れないようにしましょう。

 

信用情報機関に事故情報が、登録されているかどうは、各信用情報機関のネットや郵送、窓口で有料にて情報開示を請求することが出来ます。金融機関によっては、事故情報の登録が遅い場合があります。自分では、もう登録が消えているはずだと思っても、実はまだ1ヶ月掲載期間があったというケースも多くあります。

 

逆に、信用情報機関に登録される内容を活かして、申し込み時の信用度を上げることも出来ます。クレジットカードを利用して、半年〜1年かけて真面目な返済履歴と、定期的な借入を繰り返すことで、信用度を上げて審査に通りやすくすることが出来ます。特に、年収の低い方や勤続年数の短い方などは、この方法で審査を通りやすくすることが出来ます。

カードローン審査を受けるのに必要な書類は?

カードローンの本審査では、いくつかの書類の提出が求められます。この際、提出が求められるのは主に「本人確認書類」と「収入証明書類」の2つ。本審査では、事前申告した個人情報と提出書類との内容を照らし合わせ、申告に間違いがないかといった確認が行われますから、提出が必要となる書類については、予め審査に申込をする前に用意しておくと良いでしょう(書類は必ず最新のものを用意してください)。

 

さて「本人確認書類」として利用できるものには「運転免許証」、「パスポート」、「健康保険証」などがあります。これらのなかから用意しやすいものを1つ、手元に準備しておいて下さい。当然ながら、運転免許証やパスポートは、いずれも有効期限内ものでなくてはなりません。期限が切れてしまっているものは利用できないため気を付けましょう。

 

次に、収入を証明する書類についてですが、これには「源泉徴収票」、「確定申告書」、「給与明細(直近2〜3ヶ月分)」、「課税証明書」、「市民税・県民税決定通知書」といったものが利用できます。なお、借入金額が少ない場合、収入証明書の提出が求められることは殆どありません。収入証明書が必要となってくるのは、(利用する金融機関・サービスによって一概には言えないものの)借入金額が50万円を超えるような場合と思っておけばいいでしょう。

 

◎具体的な収入証明書の例を紹介

 

源泉徴収書

会社に勤めている人、年金の人

給与支払明細書

会社に勤めている人

特別徴収税額通知書

利用限度額が200万円を超える場合

課税証明書

自営業の人、会社に勤めている人、法人役員の人

確定申告書

自営業の人、会社勤めの人、法人役員の人

 

カードローン審査の厳しさは金融機関ごとに違う?

審査内容・審査基準は、金融機関によって異なります。そのため、“同じ人が同じ条件で利用申請をした”にもかかわらず「ここの業者の審査には通ったのに、別の業者では審査に落ちてしまった」と…業者によって審査結果が変わってくることも珍しくありません。そのため、例え“ある金融機関で融資を断られた”としても、別の金融機関をあたってみると、思いのほかスムーズに融資を手にできることがあったりもするわけです。

 

ただし“審査が甘くて通りやすい”ところの利用には注意が必要。審査が通りやすく、融資を得やすいというのは一見すると非常に便利なようですが、その一方で「審査が甘い業者ほど、高めの金利設定になっている」という現実があるためです。金融業者にとって、審査基準を緩め融資対象者を増やすということは、そのぶん貸したお金が返ってこないリスクが増加することを意味します。そのため、審査が比較的“甘い”とされる業者では(融資のハードルを下げる一方で)金利を高めに設定し、貸したお金が回収できないかもしれないリスクとのバランスを取っているのです。

 

従って、融資を受ける際にはまず“審査は厳しいけれど金利の低い業者”または“金利はちょっと高めだけれど素早く借入できる業者”…どちらが自分に合っているかを考えてみると良いでしょう。「何がなんでも今すぐお金が要る」という場合には、(多少金利は高くなるものの)審査が比較的ゆるいカードローンを、「万一の時に備えてローンカードを用意しておこうかな」というような急を要さない場合においては金利の低いカードローンを選ぶのがオススメ。ご自身の状況に合うサービスを選ぶことが大切です。

 

ちなみに、一般的に「消費者金融は融資を受けやすいものの金利は高め」であり「銀行カードローンは審査が厳しいものの金利は低め」とされています。

 

消費者金融カードローンの金利

 

カードローン

金利

アイフル

4.5%〜18.0%

アコム

3.0%〜18.0%

プロミス

4.5%〜17.8%

モビット

3.0%〜18.0%

 

銀行カードローンの金利

 

カードローン

金利

オリックス銀行カードローン

3.0%〜17.8%

楽天銀行スーパーローン

1.9%〜14.5%

イオン銀行カードローンBIG

3.8%〜13.8%

三菱東京UFJ銀行バンクイック

1.8%〜14.6%

カードローンを賢く利用する方法

身近なカードローンといえば、まずは消費者金融系カードローンを思い浮かべるという人が多いのではないでしょうか。消費者金融はかつてサラ金などと呼ばれていて、高額な利息の請求や暴力的な取り立てなどにより大きな社会問題になりました。しかしその後総量規制の適用やグレーゾーン金利撤廃などの様々な法的規制が行われたことにより、消費者金融は法律を遵守して営業を行う安心して利用できる金融機関になったのです。

 

さらに大手銀行や信販会社などでも個人を対象としたカードローンサービスの提供に力を入れていますので、現在のカードローンについては明るくクリーンなイメージが定着しつつあります。今回はそんなカードローンの賢い利用方法について、さらに詳しくご紹介してみたいと思います。カードローンへの申し込みを検討するための参考として、積極的に活用してみてください。

 

カードローンは利用条件などをしっかりと比較して選ぶようにしましょう!

現在は銀行・信販会社・消費者金融などの様々な金融機関がカードローンのサービスを提供していますので、利用者は利用目的やライフスタイルなどにあわせて最適なカードローンを選ぶことができます。カードローンを実際に選ぶ際には、利用条件などをしっかりと比較することを心がけてください。特に以下のような点については、くれぐれもしっかりと確認することが必要です。

 

金利の条件について

 

カードローンの金利については、最も高い上限金利で15%〜18%程度に設定されていることが多くなっています。ただし一部の銀行系カードローンではさらに低金利で利用することができますし、またカードローンで実際に適用される金利は借入額に応じて変動することになりますので、同じカードローンでも大きな金額を借り入れた場合には低い金利が適用されることになります。金利以外にはリボ払いを選択した場合に請求される、リボ払い手数料の負担についても注意をしてください。

 

利用限度額の条件について

 

カードローンでは500万円・800万円・1000万円などのように、借り入れが可能な利用限度額が設定されるのですが、消費者金融系カードローンに対しては総量規制による年収に基づく制限が適用されますので、実質的には年収の3分の1の金額が利用限度額となることが多いようです。また総量規制については借り入れ1件あたりではなく、借り入れの総額に適用されることになりますので、すでに他社からの借り入れを利用している人は新規の借り入れが認められない場合などがあります。他社借り入れを利用している人や大きな金額の借り入れを希望する人などには、総量規制の適用対象外となる銀行系キャッシグへの申込みがおすすめできます。銀行カードローンは数多いですが借入れ資金の使用目的が原則自由な楽天銀行スーパーローンは特におすすめできます。

 

楽天銀行スーパーローンの詳細についてはコチラ

 

返済方式について

 

現在はカードローンの多くでは、返済方式としてリボ払いを採用しています。リボ払いはあらかじめ決められた一定額の返済を続けていく返済方式であり、返済回数などは決めずに借入総額を完済するまで返済を続けることになります。月々の負担が一定となり返済がしやすくなるというメリットがあるのですが、その一方で返済が長期化して返済総額が増加してしまうというデメリットがありますので、返済に余裕があれば繰り上げ返済などを積極的に活用して、できるだけ早期の完済を目指すようにしましょう。

 

各カードローンを徹底比較

 

上記のポイントから知名度の高い人気のカードローンを比較してみました。カードローン利用の参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

カードローン

金利

限度額

返済方式

アイフル

4.5%〜18.0%

500万円

借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

アコム

3.0%〜18.0%

800万円

定率リボルビング方式

プロミス

4.5%〜17.8%

500万円

残高スライド元利定額返済方式

モビット

3.0%〜18.0%

800万円

借入後残高スライド元利定額返済方式

 

上手にリボ払いを活用するためには?

カードローンの返済方式としては一括払い・分割払い・リボ払いなどが利用されているのですが、上記でもご紹介したとおり現在は多くのカードローンがリボ払いによる返済方式を採用しています。リボ払いは手軽で便利な返済方法ですが、上手に活用するためには様々な注意が必要になります。

 

リボ払いにはどのような特徴があるのでしょうか?

 

毎月決まった金額の返済を行う返済方式がリボ払いであり、カードローンの月々の返済額を減らすことで負担が軽減できることや、追加の借り入れなどが利用しやすくなることなどのメリットがあります。ただし適用される金利の条件は分割払いなどよりも割高になりますので、支払いが必要な利息の総額などをしっかりと確認するようにしてください。

 

リボ払いでは繰り上げ返済の積極的な活用をおすすめします!

 

リボ払いでは月々の返済の負担を抑えることができる一方で、返済が長期化して返済総額が増加しやすくなるというデメリットがあります。返済に余裕があれば繰り上げ返済を積極的に活用して、早期の完済を目指すようにしましょう。繰り上げ返済を行った場合には返済額全額が借り入れ元本の返済に充てられますので、借り入れ元本を減らすことにより利息の負担を軽減することができます。ボーナスなどで一気に返済を行えば返済期間を大幅に短縮することができますので、トータルではかなり有利になるはずです。

 

お得な各種サービスやキャンペーンなどをご紹介します!

現在はカードローン同士の競争が激しくなっていますので、金融機関各社では新規顧客の獲得を目的としてお得な各種サービスやキャンペーンなどの提供を行っています。上手に活用すればカードローンをさらにお得に利用することができますので、利用できる人には積極的な活用をおすすめしたいと思います。

 

無利息期間サービスについて

無利息期間サービスはあらかじめ決められた一定の期間について、利息の負担なしで借り入れが利用できるというサービスです。例えば給料日の直前などのように短期間で確実な返済が可能な場合には、無利息期間サービスを利用すれば利息0円で借り入れを利用することができます。

 

カードローンの利用に抵抗を感じるという人なども、無利息期間サービスを利用すれば利息の負担なしで借り入れを利用することができますので、安心してカードローンを利用することができるでしょう。ただしほとんどの場合には無利息期間サービスはカードローンを初めて利用する人が対象となっていますので、これまでにカードローンを利用した経験がある人の場合には無利息期間サービスの利用はできないということになります。

 

優遇金利キャンペーンについて

優遇金利キャンペーンはカードローンを提供している金融機関で住宅ローンや自動車ローンなどを利用している人を対象として、金利の優遇が受けられるサービスです。数%の金利の優遇によりかなりお得になりますし、さらに住宅ローンや自動車ローンなどを利用している銀行のカードローンであれば審査などもスムースに行われますので、スピーディーな融資を期待することができるのです。

 

ポイントサービスについて

クレジットカードに付帯されたカードローン機能を利用した場合には、クレジットカード会社によるお得なポイントが付与されることがあります。また消費者金融系カードローンの一部でも、会員サービスとしてポイントが付与されることがあるようです。ポイントサービスを活用すれば貯めたポイントを買い物に利用したり、また各種の商品と交換することができますので、カードローンを利用すればするほどお得になります。

 

利用者を限定したカードローンについて

一部の金融機関では、利用者を限定したカードローンのサービスを提供しています。例えばレディースカードローンでは女性が利用しやすいように専用の女性スタッフが対応を行いますし、学生カードローンであれば借入額などが限られる一方で学生でも気軽に借り入れを申し込むことができます。

 

利用者を限定したカードローンでは細かな心配りが行われていますので、サービスの対象となる利用者は安心してカードローンを利用することができるのです。現在は様々な金融機関により様々なカードローンのサービスが提供されていますので、その特徴などをしっかりと確認して最適なカードローンに申し込んでみてください。

カードローン審査に必要となる時間や重視されるポイント

カードローンを利用する際には、審査や融資のスピードが気になるという人が多いのではないでしょうか。すぐにお金が必要な人などの場合には、即日融資に対応できることがカードローン選びの重要なポイントになります。

 

審査待ちの時間が長くなると結果が気になってモヤモヤしますので、スピード審査やスピード融資に対応できるカードローンを選んで申し込んでみてください。今回はカードローンの審査で必要となる時間や審査に時間がかかる理由について、また審査の際に特に重視される項目などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

カードローンの審査には平均でどの程度の時間が必要になるのでしょうか?

カードローンの審査の際に必要な時間についてはカードローンごとに異なるのですが、今回はカードローンを提供する金融機関別に、審査のために必要となる平均的な時間などをチェックしてみました。

 

銀行系カードローンの場合には

銀行系カードローンの場合には、審査のために必要な時間は30分〜1週間程度になります。銀行系カードローンについては審査に時間がかかるというイメージが強く、実際に審査には1週間程度が必要になることが多いようです。ただし近年では顧客サービスの一環としてスピード審査に力を入れる銀行なども増えており、最短30分で審査の結果が判明するという銀行系カードローンなども登場しています。

 

銀行系カードローンの場合には審査のために必要な時間は様々となっていますので、申し込みを検討する際には事前に銀行の公式ホームページなどを確認してみてください。「即日審査OK!」「最短●●分で審査が完了します!」などと宣伝している銀行であれば、即日融資を期待することができるはずです。ただし即日融資が可能な銀行であっても、申し込みの時間帯などによっては審査や融資が翌営業日に持ち越される場合がありますので、即日融資を希望するのであれば余裕を持って早めに申し込むことを心がけるようにしましょう。

 

消費者金融系カードローンの場合には

消費者金融系カードローンの場合には、現在は大手消費者金融の大半がスピード審査に対応していますので、審査の結果は最短30分で判明します。さらに消費者金融系カードローンにはパソコン・スマートフォン・店頭窓口・自動契約機・電話・郵送などの様々な方法で申し込むことができますので、利用目的などにあわせた最適な方法で申込んでみてください。

 

できるだけ早く融資を受けたいという人には、パソコンやスマートフォンを利用してインターネットから申込む方法をおすすめします。インターネットであれば24時間365日いつでも気軽に申し込むことができますし、さらに深夜や早朝などの時間帯に申し込むようにすれば消費者金融の営業開始と同時に審査が開始されますので、スピーディーな審査や融資などが可能になります。さらにインターネット申し込みの場合には初回の審査をコンピューターが行いますので、審査時間をさらに短縮することができるのです。ちなみに消費者金融系のカードローンでネット申込をする場合、特におすすめできるのが審査がスピーディーなアコムです。

 

アコムの詳細についてはコチラ

 

信販系カードローンの場合には

信販系カードローンの場合には、審査には1日〜1週間程度の期間が必要になります。信販系カードローンについてはクレジットカードに付帯する機能としてカードローンのサービスが提供されていることが多いため、通常のカードローンとは異なりすぐにお金を借りたいという人の数は少ないのです。

 

信販系カードローンの金利条件などは消費者金融系カードローンとそれほど変わらないのですが、一方で即日融資などに対応することは難しくなりますので、すぐにお金が必要な場合などには消費者金融系カードローンへの申し込みを検討してみてください。

 

なぜカードローンの審査には時間がかかるのでしょうか?

カードローンでは担保なし・保証人なしで、申込者の信用に基づいて融資を行います。そのため融資の際には金融機関は厳しい審査を行って、申込者が確実な返済能力を有しているかどうかを確認することが必要になるのです。カードローンでは貸し倒れが発生すると貸し付けた全額が損失になってしまいますので、金融機関では確実な返済が期待できる申込者に限って融資を行います。

 

申し込みフォームに入力された各種情報や信用情報機関に登録された信用情報などを参考にしながら慎重に審査が行われますので、カードローンの審査の結果が判明するまでにはある程度の時間がかかってしまうのです。

 

カードローンの審査では確実な返済能力の有無が厳しく確認されます!

カードローンを提供する金融機関では貸し付けに対する利息により収益を獲得していますので、確実な返済が期待できる利用者に対しては積極的に融資を行いたいと考えています。ただし担保や保証人なしで融資を行うカードローンの場合には貸し倒れが発生すると貸し付けた金額の回収が難しくなりますので、審査を厳しく行って利用者を厳選することで貸し倒れのリスクに備えているのです。

 

すぐにお金が必要な場合には、即日融資に対応できる消費者金融系カードローンに申し込んでみてください。消費者金融系カードローンではコンピューターによる自動審査を導入することで、最短30分のスピード審査を実現しています。さらに審査の基準自体も比較的緩めとなっていますので、パートやアルバイトなどの人でも安定した収入があれば審査には十分に通過することができるはずです。ただし消費者金融系カードローンでは一定割合の貸し倒れの発生を前提として金利の設定を行っていますので、利息については銀行系カードローンよりも割高になります。

 

近年では即日融資に対応できる銀行系カードローンなども登場していますので、低金利で即日融資を利用したいという人は申込みを検討してみましょう。

安心・安全、審査に通りやすくておすすめのカードローン

プロミス

初めたの方なら30日間無利息!!※
女性専用のレディースカードローンがあるから安心
借りたお金の使い道は自由!
WEBから申し込んで即日カードローンも可能
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

公式サイトへ

アコム

審査回答が早いから急な申込も安心
パート、アルバイトでも申込可能!
ネットで契約までスムーズに完了
むじんくんなら21時まで受付その場でカード発行!

公式サイトへ

アイフル

魅力的な高い借入れ限度額
WEB完結申込で利用開始がスピーディーに
来店不要でネットで手続き完了!
女性専用申込ダイヤルに“ほっ”。借入初心者でも安心

公式サイトへ

カードローンの審査についてよくある質問をまとめました。

 

カードローン審査のQ&A

Q.勤続年数は関係あるのですか?
A.勤続年数はカードローンの審査上重要なポイントの一つとなっています。同じ会社に長く勤めているかどうかということはとても大事なポイントとなっています。

 

審査をする最大の目的は貸したお金がきちんと返ってくるかどうかということです。きちんと返済してもらえる見込みがあれば承認するし、そうでなければ否認します。勤続年数が長いということは、これからもそのまま勤める可能性も高く安定した収入が見込めると考えられ、信頼性も高まります。

 

逆に勤続年数の短い人は、またすぐやめるのではないかということで安定した収入が見込めないと判断され信頼性が低くなります。通常勤続1年以上あれば問題ないとされていますが、長く勤めていれば信頼性はぐんと高まります。

 

もちろん勤続年数がすべてではありません。勤続年数が長く年収をある程度得ていても、借入が多くては信用はなくなります。勤続年数が長いからといって審査に通るわけではありません。いろんなことを総合的に判断するわけです。しかし、勤続年数が長いことはプラス材料になることは覚えておいて損はないでしょう。

 

Qカードローンの審査にかかる時間はどれくらい?
Aカードローンが人気を集めている最も大きな理由が、そのスピードにあります。

 

カードローンは審査にかかる時間が短いことから、便利でいざという時に使えるという強みがあり、多くの利用者を獲得しているのです。

 

審査にかかる時間が短いとはいえ、各カードローンによって弱冠差はあります。まず、コマーシャルや広告でもお馴染みのプロミスですが、最短30分という速さは他社と比べても郡を抜いています。最短時間で審査が完了するので急を要している人には頼れるカードローンです。

 

プロミスの詳細についてはコチラ

 

また知名度の高いアコムに関しても、事前診断はありますがプロミスと同様に最短で30分程度です。アコムは三菱東京UFJ系列となっていますから、信用度も高く安心して利用する事ができるカードローンです。

 

楽天銀行カードローンアイフルなどでも、即日中に審査が完了するほどのスピードです。

 

対して、銀行系のカードローンは審査にもう少し時間を要します。これは銀行系カードローンの審査が遅いという意味ではなく、消費者金融系のカードローン審査がどんどん最短時間になっているからなのです。

 

消費者金融系のカードローンは審査にかかる時間が最短で、しかも審査基準が厳しいほどではありませんから、手軽に利用できるという点で多くの利用者に選ばれています。

 

どうしても急を要している場合などで、カードローン選びに迷ったら、審査の最短時間を参考に会社を選んでみてもよいかもしれませんね。
カードローンの審査

 

Qどうして落ちた?カードローンの審査ポイントとは
Aカードローンを作るために審査を受けたが落ちてしまった場合、何が原因だったのでしょうか。

 

定期的な収入も見込める、仕事もしているのにといった場合で落ちてしまったのであれば、そこには審査落ちする原因が他にあると考えましょう。

 

まず、複数のカードローンに同時申し込みをしている場合は注意です。カードローンは申し込んだ時点でその情報が信用機関に登録されます。

 

別の会社にカードローンを申し込んだとしても、その情報は同様に登録されることになり、更に審査の上で他社にも申し込みをしているという信用情報が明らかになります。

 

これは金融機関側が利用者の信用情報を共有しているためです。複数社にカードローンを申し込んでいる=お金がなくて困っていると判断されてしまい、審査に落ちてしまうのです。

 

もし複数のカードローンに申し込みを行うのであれば、同時や短期間のうちに連続して行うのではなく、ある程度期間を設けて申し込みするようにしましょう

 

尚、既に複数のカードローンから借り入れを行っているという場合も、審査に落ちる傾向にあります。利用者の収入の3分の1という範囲にとどめた額であっても、カードローン会社からすると返済されないのでは?というリスクを負うことになるからです。

 

また、過去の返済延滞やトラブルについても審査に落ちる要因となります。過去に一度でも返済の遅れがあると、やはりその情報は履歴として残り、金融機関の共有する情報となります。

 

貸付をするカードローン会社としても、返済遅延があるような人はリスクがあると判断し、審査で落とすということにもなるのです。

 

Qカードローンの審査落ち、その原因は何?
Aカードローンに申し込みをしても審査に通らないこともあります。

 

その原因はいくつかありますが、審査で重要視されているポイントをクリアしているかどうかにかかっているとも言えるでしょう。

ずカードローン会社が審査で見る項目となるのが、申込者の年収、勤続年数、そして居住年数の3点です。

 

年収の基準は200万円を一つの判断基準としていますが、こちらに関してはカードローン会社によって異なります。

 

勤続年数や居住年数についても3年をメドとしていますが、こちらもローン会社によって審査基準はまちまちですが、これら3つのポイントがどれも満たされていない場合は審査に落ちてしまう可能性が高いと考えられます。

 

次に審査落ちしてしまう原因として、申込者の信用情報に問題ありと判断された場合です。

 

例えば過去の借り入れ履歴から、返済の遅延が何度もあったり、滞納期間が長引いたりといったことがあれば審査に通りにくくなります。自己破産したことがあるとなれば、もってのほかです。

 

過去の履歴は信用情報として記録されているため、各金融機関で共有できる情報ですから、何か問題があればすぐにわかってしまいますし、審査に落ちる原因となります。

 

そして、申し込みに不備がある場合も審査に落ちてしまいますから、注意して書類を作成したり、入力したりしましょう。

 

記入している住所に誤りがあったり、誤字や脱字がひどい場合もその対象となります。申し込みを確認しながら行うことは基本中の基本ですが、実は意外とこの時点でミスをして審査に落ちてしまうという人も少なくないのです。

 

申し込みに記入した情報は、カードローン会社にとっての信用情報となりますから、誤りがあれば融資することができないというのは当然かもしれませんね。

 

カードローンでお金借りる前に考えておきたいこと

カードローンとは金融業者にお金を貸し付けてもらい、そのお金を借りる=借金をするということです。

 

融資限度額の範囲内なら、何度でも引き出せるため、借金をしているという感覚が薄れてしまう人も中にはいます。また、カードローンを初めて利用する場合、本当にその必要性があるかどうか今一度考えることも大切です。

 

カードローンはどうしても現金が必要で、急を要している場合の時のために使うものです。また借金をするということは、返済の義務を背負うということにもなります。

 

できることなら借金をすることなく日々を過ごしていきたいものですが、どうしようもない時もあります。ただ、そんな事態に陥ったとしても借りたら返す、無理のない返済ができる分のみを借りるように留意しておくことが大切です。

 

カードローンの審査でおすすめのところはここ!

  おすすめ順 実質年率 融資限度額 審査結果 総量規制
アコム 3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短30分 対象
アイフル 4.5%〜18.0% 1,000円〜500万円 最短30分 対象
楽天銀行カードローン 4.9%〜14.5% 1万円〜500万円 最短30分 対象外